まだ、自分のスタイルというものがないから、なにか強いものに出会うと、炎に包まれるように隔絶されて、
自分のありかが熱でとけてわからなくなる。