幻償を読み返してみた

改めて読んでみると、拙い表現もありますが、
頑張っただけあって今でも面白いなあと思います。自画自賛。

執筆当時は、これが全力だったのですが、
書き続けていると成長するもので、
今ならより良い表現ができると思います。

さて、この幻償、発行から2年経ちましたし、
思い切って期間限定で無料公開したいと考えています。

今のところ、
当サイト、カクヨム、エブリスタでの公開を予定しています。
手直しはせず、現在販売しているものと同じ内容になります。