大筋で言いたいことは書けているけれど、自分以外の誰かがそこにたどり着くまでには細工が必要で、それをちまちまと作っていることをしんどいと思いつつも幸せを感じている。